日本一周 茨城県

【日本一周No.14】茨城県ナメてました…。茨城県が誇る絶景スポットを巡る!!<茨城県③>

2021年7月17日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日の記事で茨城県は最後!
その最後に相応しい、茨城県が誇る大自然の絶景をご紹介します🔍

タイトルにもある通り、私は正直茨城県をナメていました…。
しっかりと茨城県に訪れるのは、今回の旅が初めて。
ろくに知りもせず、平野部が大部分を占めていると思っていたのですが、実際訪れてみると広大な山々が広がっていてびっくり。
茨城県民の皆さまごめんなさい。

私のように茨城県をよく知らず、行ったことないな〜どんな県なのかな〜と思っている方は、ぜひこれまでの記事も併せてチェックしてみてください!
自然の風景が好きな方は、特に今回の記事がおすすめです✨

それではいってみましょう!!

◯ 「新緑」と「吊り橋」が織りなす絶景渓谷

まず初めにご紹介するのは、茨城県北部の高萩市に位置する『花貫渓谷』です!

今回訪れたのは新緑の時期。
期待が高まります!!

まずは駐車場からご紹介🚐
花貫渓谷周辺の駐車場は、花貫川上流側と下流側のハイキングコースの入口にそれぞれ設けられています。
今回私は下流側の「花貫駐車場」に車を停めることにしました。
この時期は比較的閑散としているためか、料金はかかりません。
対して、観光客が多く訪れる紅葉シーズンには駐車料金がかかるそうです。

実際に駐車場に到着してみると、閑散どころか車が1台も停まっておらず、すごく心細くなりました笑
そりゃ、平日の朝だもんなぁ。

この駐車場から吊り橋までは徒歩15分程度🚶‍♂️
ハイキングコースを想像していましたが、基本的にアスファルトの道路部分を登っていきました。
ただ、左手には綺麗な花貫川がすでに見えており、水が流れる音も心地よい。

傾斜も少なく歩きやすいので、あっという間に目的の吊り橋に到着!
こんな看板が出て来ます。

ちなみに少し手前にキャンプ場の看板もあります。
このキャンプ場は、コロナの影響で現在利用できないようになっており、その内容が表示されていました。
そのため最初にこの看板を見た時は、吊り橋へと続く道が通れないのかと勘違いしてしまい、危うく引き返そうになりました笑
この時期に訪れる場合は、勘違いしないようお気をつけて!

そしてお待ちかね!
吊り橋と新緑が生み出す絶景がこちら✨

ここにも当然人はおらず、この絶景を独り占め!
この写真は、吊り橋を渡った反対側から撮影しました📸
木々の茂り方によりますが、写真を撮るならこちらの方がおすすめ!

ちなみに渡った先には何やら石像が🤔
高萩市のキャラクター、その名も「はぎまろ」くん。
検索してみると、結構派手な色合いしてます笑

ここから先は、しっかりとした山中のハイキングコースという感じ🚶‍♀️
上流側の駐車場へと続くようです。

この花貫渓谷が一番混雑する時期は、やはり紅葉の時期🍁
ネットで調べてみると、紅葉シーズンは物凄い混雑具合😩
その分綺麗さも混雑。
ぜひ落ち着いたら紅葉の時期にも訪れてみたいです!!

◯ 日本三名瀑のひとつ『袋田の滝』

次にご紹介するのは、日本三名瀑のひとつに数えられる『袋田の滝』です。
前日の『偕楽園』に続き、この日も日本を代表するスポットへ✨
日本三名瀑のうち他の二つは、栃木県の『華厳の滝』、和歌山県の『那智の滝』。
私が訪れたことがないのは、『那智の滝』を残すのみ!
こちらもこの度でぜひ行ってみたい💨

話を戻し、『袋田の滝」の場所はこちら↓
今回私が利用した駐車場も併せて掲載します。

早速、駐車場から滝を目指して、徒歩約15分弱歩きます🚶‍♂️
滝の近くまで歩くと、温泉宿や多数のお土産やさんが軒を連ねています。

そこ過ぎると、いよいよ滝の入り口へ。
観瀑施設利用料300円を支払います。

すぐに滝を見ることができるわけではなく、まずはこちらのトンネルを歩いて行きます🚶‍♀️

トンネル内はいくつか分岐点があり、別の入り口やこんな場所につながっています↓

恋人の聖地…。恋人は仕事中です。

そしてもう少し歩みを進めると、とてつもない轟音が!
視界が開けると、ド迫力のこの景色😍

中々写真では伝えきれないもどかしさがあるのですが、半端ない迫力なんです。
思わず「すごっ!!」と声が出ちゃうはず。
ぜひ、直接見てもらいたい!!

これで終わりと思いきや、この観瀑施設にはエレベーターが付いており、それを上がると滝を見下ろす形で見学することができます。
ものの1分程度で、違う視点の景色が見られるのもこの施設の魅力✨

エレベーターを登りきった先にある展望台からの景色がこちら!

こちらの展望台からは、滝全体を見下ろすことができ、そのスケールの大きさを味わうことができます!
この滝は、冬になると水が凍結し「氷瀑」になるそうですが、こんな大きな滝が凍ってしまうなんて想像もできません。
というかこのエリアはそんなに寒くなるんですか🥶⁉︎
無茶苦茶見てみたい。

再びエレベーターを降り、もう一度だけ最初の展望台で迫力を味わい、また道を引き返します🚶‍♂️
トンネル内も撮ってみた📸

以上で、『袋田の滝』の観瀑完了!

◯ おわりに

これにて茨城県の周遊もおしまい!
最後に凄まじい自然の力に圧倒されました😍
冒頭に話した通り、私の茨城に対する先入観を反省するばかりです。

また、今回の茨城県周遊で訪れた場所の多くは、違う季節・時間帯でもう一度訪れたいと思うところばかりでした。
きっとまた来ます!!

そして次回からは、茨城県を北上し、福島県に入ります💨
大自然の絶景やグルメ(というか喜多方ラーメン笑)、そして東日本大震災被災地の今の様子など、ほんの一部に過ぎませんが、直接自分の目で見て感じてきました。
引き続き、その様子をご紹介していきます✏️

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 茨城県