日本一周 三重県

半日でゆく! 伊勢志摩の自然を味わう絶景めぐり!!【日本一周No.103/三重県③】

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

今回の記事は、三重県伊勢志摩の自然が織りなす絶景スポットをご紹介します。どのスポットもハードな山登りやハイキングをする必要がなく、気軽に楽しめます(※徒歩の場合を除く)。

三重県の自然風景にご興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

それでは早速いってみましょう!!

そもそも伊勢志摩ってどんなとこ!?

今回ご紹介する『伊勢志摩』とは、三重県の一地域のことを指し、伊勢神宮を中心とした伊勢市と志摩市や鳥羽市を含む志摩半島一帯の総称をいいます。

これらの地域は、緑豊かな山地や海岸線の特殊地形といった自然環境に加え、そこに根ざす伊勢神宮の長き歴史や人々の暮らし・文化などが評価され、一帯が国立公園の区域に指定されています。こうした観点もさることながら、同地域には三重県を代表する観光地が集結しているため、全国的に見ても一括りに認識されていることが多いといえます。

本記事では、そんな伊勢志摩の中でも、独特な海岸風景が広がる志摩半島の絶景スポットをご紹介していきます。

半日で周れるコース(※車利用)なので、伊勢神宮参拝を主とした短期旅行にも、十分組み込めるラインナップ!

半日でゆく、伊勢志摩絶景めぐり

1.ここだけは外せない!志摩らしさ全開の『横山展望台』

はじめにご紹介するのは、志摩に行くなら絶対に外せない『横山展望台(よこやまてんぼうだい)』

この展望台のためだけでも志摩に訪れる価値ありと言えるくらい、志摩らしさ全開の光景が広がっています。

こちらの展望台は、標高約140mの高台に位置しており、英虞湾(あごわん)に広がる複雑なリアス海岸美を一望できるスポットです。その魅力はなんと言っても、折り重なるように浮かぶ半島と小島が生み出す独特な絶景!!

MAP|地図

アクセスについて

  • 近鉄志摩線「志摩横山駅」から徒歩約40分
  • 近鉄志摩線「鵜方駅」からタクシーで約10分
  • 展望台手前に無料駐車場あり

PHOTO|写真

モダンな木造デッキが特徴的な展望台

この舞台感もすてき😳✨

ゆの
目の前に広がるのは、まさに想像していた志摩そのもの
一際目を引くヨーロッパ風の建物群は『志摩地中海村』
だいき

少し離れた場所には『志摩スペイン村』があり、どちらも映えスポットとして人気らしい✨

展望台の先には遊歩道が整備されており、
複数の展望スポットへと続いています。
この小さな展望台は、空気が澄んだ日には、
なんと富士山が見えるらしい
あいにく確認できる天気じゃなかったので、
案内板の写真をパシャリ!
他にも小さめのテラスがあったり
地面丸出しの野生的な展望スポットもありましたが・・・
やはり、最初の展望台から望む景色が一番の絶景!!
周囲に広がる原生的な森林がさらに私を高揚させる

まるで地球という舞台に立っているような感覚でした・・・。

あらためて言います。
志摩に行くならこのスポットは外せません!

2.リアス海岸に囲まれた『桐垣展望台』

続いてご紹介するのは、またまた志摩の美しい海岸風景を楽しめる『桐垣展望台(きりがきてんぼうだい)』「ともやま公園」内にある展望台です)。

こちらの展望台は、英虞湾に浮かぶ半島そのものに位置しているため、リアス海岸美を間近で味わうことができます。標高が高くない分、海との距離が近く、周囲で行われている養殖業など、この地の生活風景を感じ取れるのも魅力です。

また、こちらのスポットは、伊勢志摩の夕日名所としても高い人気を誇ります。今回は、昼間の訪問となりましたが、先述の展望台とはまた違った視点で、志摩らしさを満喫してきました!

MAP|地図

アクセスについて

  • 近鉄志摩線「鵜方駅」からタクシーで約20分
  • 展望台手前に無料駐車場あり

PHOTO|写真

英虞湾に浮かぶ半島や島々と同じ目線の展望台
同じ目線がゆえに、英虞湾の広大さが分かりやすい!
望遠レンズに切り替えて寄ってみると・・・
何を育てているの分かりませんが、
あちこちに養殖風景が広がっています
公園のウォーキングコース途中にある干潟では、
海苔の養殖を間近で見ることができました
「リアス海岸=海が荒々しい」という概念を覆す、
英虞湾の静と美

英虞湾内から同目線で海岸美を感じる『桐垣展望台』、高所から英虞湾のすべてを見渡す『横山展望台』、みなさんはどちらが好みですか。

この際、どっちも行ってみませんか!?笑

3.三重県で南国感を味わうなら『御座白浜海水浴場』

最後にご紹介するのは、志摩半島の先端に位置する『御座白浜海水浴場(ござしらはまかいすいよくじょう)』

その名の通り、海水浴場として夏場には多くの海水浴客で賑わうスポットです。遠浅で穏やかな青い海、サラサラで真っ白な砂浜がとても美しく、環境省が選定する「快水浴場百選」に選ばれています。

賑やかな夏場に限らず、静寂に満ちたオフシーズンには、どこか離島感というか、南国感を味わえる魅力的なスポット。私が訪問したのも11月ということで、波音だけに包まれた静かな浜辺散策を楽しんできました!

MAP|地図

アクセスについて

  • 近鉄志摩線「鵜方駅」から公共バスで約60分 or タクシーで約30分
  • 海水浴場付近に有料駐車場点在(相場600円〜1,500円)
    ※ オフシーズンは、「山下駐車場」に無料で駐車可能

PHOTO|写真

曇天にも関わらず、色が濃ゆい海と砂浜
もうすぐ冬だということを忘れさせる風景

気温忘れれば、全然飛び込めそう🏊‍♀️笑

ゆの
この日は人っ子一人おらず、
砂浜に残るのは自分の足跡だけ

1日眺めながらのんびり過ごしたいと思える絶景がここにあります。時期に限らず、ぜひとも訪れていただきたいスポット!

オフシーズンの静かで穏やかな海を見てしまったら、海水浴シーズンに行くのがはばかれるかも…。笑

おわりに

伊勢志摩の海の絶景、いかがだったでしょうか!?

次回の記事では、伊勢神宮参拝の記事をまとめる予定なので、引き続き伊勢志摩の魅力をご堪能ください。お楽しみに!

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 三重県