日本一周 三重県

関宿に広がる江戸の町並み / 四日市に煌めく工場夜景 【日本一周No.102/三重県②】

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日の記事は、三重県の宿場町と工場夜景スポットを合わせてご紹介します。どちらも比較的短時間で楽しめるので、他の観光地と組み合わせて訪れるのに最適です。

それではいってみましょう!!

江戸風情漂う『関宿』を歩く

1.関宿ってどんなとこ!?

はじめにご紹介するのは、三重県亀山市に位置する『関宿(せきじゅく)』です。

こちらのスポットは、東海道五十三次の江戸から数えて47番目の宿場として発展した町です。かつての雰囲気を残す町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、一歩足を踏み入れれば、江戸の風情を味わうことができます。

また、現存する町屋内部の見学など、見どころが充実しており、のんびりまち歩きを楽しめるのが魅力!

MAP|地図

アクセスについて

  • JR関西本線「関駅」から徒歩約5分
  • 徒歩5分の所に観光駐車場あり(無料)

2.朝の関宿を歩く

それでは、早朝の関宿を歩いていきましょう。

関宿の全体像は下写真の通り、旧東海道沿いを中心に歴史ある建物が立ち並んでいます。全長は約1.8km、単純に歩くだけなら20分程で端から端まで辿り着きます。

朝方ということで、ひっそりとした趣ある雰囲気が漂っていました。

写真を見て感じられたかもしれませんが、すべてが江戸の雰囲気かといえばそうでもなくて、明治・大正・昭和、見る場所によって時代も移り変わっていくような楽しさがあります。

こちらは、関宿のちょうど真ん中あたりに位置する「百六里庭(眺関亭)」という建物。

2階から関宿の街並みを見下ろすことができるポイントです(出入自由・無料)。

あくまで屋根の高さなので、特別見晴らしが良い訳ではありませんが、違った視点で宿場町の姿を見渡せるので一見の価値あり!

瓦屋根が連なっている光景自体、普段中々見れるもんじゃないよね🤔✨

ゆの

いや〜、それにしても宿場町って絵になりますよね。なぜ、こんなに惹かれるのかただただ不思議。

ちなみに、メインストリートから脇道に入ってみると、雰囲気の良い神社やお寺があったり、隠れた見どころポイントが点在しています。

関宿に訪れた際には、思うがままに道を逸れ、ぜひお気に入りのスポットを探してみて下さい。

なお、今回は朝の訪問でしたが、夕暮れ時や夜の町並みも絶対に綺麗だと確信したので、その時間帯を狙ってみるのも良いかもしれません!

3.町屋の中を覗いてみよう

さて、こうした古い街並みに訪れたのであれば、建物の中も覗いてみたいですよね!

そんな時は『旅籠玉屋歴史資料館(はたごたまやたまやしりょうかん)』がおすすめ!!(※外観は上写真左手の建物)。

営業概要

営業時間:9:00~16:30
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日)/12月29日~1月3日
入館料:大人300円/小人200円

内部の様子を簡単にご紹介!

いざ中に入ると、帳場(今でいうフロント)で
おじさんがお出迎え
だいき

ありがちな怖い系の人形ではなく、ちゃんと人間味があるのが好印象👍笑

奥へと進むと、大空間の土間が出現
居室は、町屋ならでは奥行きがあり、情緒溢れる空間
敷地の一番奥には庭が広がり、土蔵や納屋が並ぶ
主屋には2階があり、もちろん見学可能
その2階には、寝室や食事風景が再現されている

こうして見ると、現代の旅館に宿泊するのとほとんど変わりないね🧐

ゆの

そのほか、館内にはかつての旅道具などの展示も見どころ。水戸黄門でしか見たことない印籠やガイドブック的なものまで、とても好奇心をそそられます。

町並みだけでも魅力的な関宿ですが、こうした資料館も合わせて見学すると、より一層風情を感じることができるのでおすすめです!

四日市で望む日本屈指の工場夜景

1.四日市コンビナートってどんなとこ!?

続いてご紹介するのは『四日市コンビナート』

四日市市といえば、日本の主要工業地帯「中京工業地帯」を代表する広大な産業都市です。故に、工場夜景スポットが点在しているほか、夜景クルーズなど、まさに産業と観光が一体となった魅力ある町です。

今回は、人気夜景スポットのひとつ「四日市ドーム前」で見た工場夜景をご紹介します。ちなみに、今回私が訪れたタイミングで、偶然珍しい自然現象にも立ち会えました・・・。

MAP|地図

アクセスについて

  • 近鉄名古屋線「霞ヶ浦駅」or JR関西本線「富田浜駅」から徒歩約25分
  • ドーム周辺に駐車場点在(無料)

2.海面に浮かぶプラントを撮影

早速ですが、四日市ドーム裏手から撮影した写真を見ていただきましょう。

プラントの煌びやかさもさることながら、海面に映り込む光がとても幻想的。ズームして撮影してみると、一層煌びやかさと迫力が増していきます・・・。

工場夜景って、まるでSF世界の都市を見ているような、そんな壮大さと非日常感が新鮮で好きです。

自然風景を撮ることが多い私ですが、時折一味違う光景を撮ってみると、やっぱり写真楽しい!好き〜!!って実感させられます。笑

さて、冒頭でお話しした自然現象とは何か。

こちらの写真を見てお分かりになりますか!?

だいき

答えは次の写真👇

そう!なんと月食に遭遇したんです!!

この日は、2021年11月19日。皆既ではありませんが、食分が9割を超える「ほぼ皆既月食」でした。

月食が起こることすら知らなかったのに、時間も場所にも恵まれ、すごく得した気分。笑

ご覧の通り、月が赤っぽく染まり、とても神秘的な光景に引き込まれました・・・。

だいき

短い滞在時間だったけど、二度楽しめた😳✨

3.その他の夜景スポット

今回ご紹介したのは、四日市に数ある夜景スポットのひとつに過ぎません。

下記サイトに様々なスポットの情報・写真がまとまっているので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい!

だいき

好みの夜景を探してみてね✌️

おわりに

江戸町風景と工場夜景、いかがだったでしょうか!?

少し距離はありますが、伊勢神宮参拝の前後など、三重県観光の立ち寄りスポットとしておすすめです。旅行をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 三重県