日本一周 静岡県

静岡屈指の眺望スポット『日本平』が誇る、絶景パノラマと建築美 【日本一周No.109/静岡県⑤】

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日の記事は、静岡県屈指の眺望スポット『日本平』についてご紹介します。おまけに、サウナの聖地といわれるあの施設についても簡単にまとめているので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

それではいってみましょう!!

日本平の新たなシンボル
『日本平夢テラス』

1.日本平ってどんなとこ!?

今回ご紹介するのは、静岡県静岡市の駿河湾沿岸に広がる丘陵地『日本平(にほんだいら)』

こちらのスポットは、標高約300mの有度山の山頂と周辺一帯を指し、古くから抜群の眺望を誇る景勝地として知られています。標高はそれほど高くありませんが、周囲を平野に囲まれているため、富士山や駿河湾をはじめ、360度のパノラマ風景が広がります。

観光地としての歴史は、昭和時代の人気が目立ちますが、2018年にオープンした展望施設『日本平夢テラス』によって、ふたたび注目度が上がりました。その建物の設計は、隈研吾建築都市設計事務所が手がけており、先進的かつ自然と調和した建築がとても魅力的!

日本平夢テラス ご利用案内

開館時間:日〜金曜日 9:00~17:00/土曜日 9:00~21:00
休館日:毎月第2火曜日(休日の場合は翌平日が休館)/年末(12/26~12/31)
入館料:無料
※展望回廊は終日入場可能

(※2022年8月22日時点調べ)

MAP|地図

アクセスについて

  • JR「東静岡駅」から公共バスで約25分 or タクシーで約10分
  • JR「静岡駅」から公共バスで約40分 or タクシーで約40分
  • 広大な無料駐車場あり(日本平夢テラスまで徒歩約5分)

2.これが噂の日本平

それでは、日本平に広がる風景をご覧いただきましょう。

園内には、テラスのほか、お土産屋さんやビュースポットが点在しています。決して広大なわけではないので、気軽に散策可能!

早速ですが、こちらが『日本平夢テラス』の外観になります。

木材を基調とした温もりある雰囲気ながら、特徴的な多角形のデザインは、美しさと個性に溢れ、圧倒的存在感を放っています。

建物内に入り天井を見上げると、複雑に混じり合いながらも、均衡が取れた梁が一際目を引きます。この建築の面白さ・美しさは言うまでもありませんが、どう計算したらこんな形が実現できるのか、文系頭の私を混乱させてきます。笑

全3フロアのうち、1Fは日本平の歴史・文化を学ぶことができる「展示エリア」、2Fはカフェがある「ラウンジスペース」、3Fが「展望フロア」になっています。

3Fは、全面ガラス張りになっており、そのうち一角は、真正面に富士山を捉えます。

また、外周を取り囲むようにバルコニーがあり、富士山をはじめとした雄大な風景を一望!

風景と建物がすごいマッチしてるね😳✨

ゆの

そして、展望施設の裏手(富士山の反対側)には、一周200mの「展望回廊」があり、360度全方向の眺望を楽しむことができます。

見ての通り、この展望回廊も木材を前面に出した格子状のデザインが特徴的で、先述の建物と一体感があります。

また、展望回廊の中央には「日本平デジタルタワー」というSF感満点の鉄塔が!!

この鉄塔は、夢テラスができる以前から存在しており、その役目は静岡県のテレビ放送を送信する集約電波塔とのこと。

それでは最後に、展望回廊からの眺望をご覧ください!!

富士山の眺望にはじまり
三保半島と駿河湾、奥には伊豆半島
ちょうど富士山の反対方向、遠くは御前崎まで

日本平ロープウェイについて

上写真手前にあるのは、日本平と久能山を結ぶ「日本平ロープウェイ」の駅および利用者専用駐車場です。

久能山(くのうざん)には、徳川家康を祀る「久能山東照宮」があり、その御社殿は国宝にも指定されています。

お時間のある方は、合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

高層ビルが立ち並ぶ静岡市

最後は、テラスと富士山を並びでパシャリ。

日本平から見る風景美と日本平にある建築美。まさに自然との調和といえる、とても美しく心落ち着く場所でした。

今回は昼間の撮影のみとなりましたが、夜景スポットとしても名高い場所なので、気になった方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!?

【おまけ】サウナの聖地『サウナしきじ』に行ってみた

1.サウナしきじってどんなとこ!?

おまけでご紹介するのは、私が静岡で絶対に立ち寄ろうと思っていたスポット『サウナしきじ』!!

その名の通り、静岡にあるサウナ施設なのですが、ただのサウナではありません。全国のサウナー(サウナ愛好家)が憧れる「サウナの聖地」なのです。

いちサウナ好きとして、せっかく静岡を旅するのなら行ってみたい!!ということで、訪問してきました。

営業概要

営業時間:24時間
定休日:年中無休
入浴料:曜日や時間により料金設定が異なるので、詳細は下記公式サイトをご確認ください。

(※2022年8月22日時点調べ)

MAP|地図

アクセスについて

  • JR「静岡駅」から公共バスで約25分&徒歩約3分
  • JR「静岡駅」からタクシーで約15分
  • 無料駐車場あり(63台収容)

2.リアルな感想

サウナしきじには、フィンランド式と韓国式の2種類のサウナがあります。

フィンランド式

いわば高温サウナ。

サ室は110度と高温ですが、適度な湿度があるので、とても心地いい熱さです。

初心者にもおすすめ!

韓国式

いわばスチームサウナ。

韓国の漢方薬が使用された薬草サウナで、美容と健康に良い蒸気が全身を包みます。

室温60度と低温ですが、蒸気の体感温度が異常に高いため、上級者向け!

だいき

私は、フィンランド3セット・韓国1セットでキメてきたよ😆!!

フィンランド式サウナは、先述の通り、高温適湿でガンガン汗が滲み出てきます。旅中、各地でサウナを利用しますが、圧倒的にドライサウナが多いので、こうした本格サウナの気持ちよさが身に染みます!

一方、韓国式サウナはというと・・・。

初めて感じる猛烈な熱さに耐えきれず、わずか1分ほどしか入っていられませんでした。サ室で限界がきて、立ち上がってドアを開けるまでのわずか1mが地獄かと思うほど。笑

その傍ら、熱さに悶絶している私の方が不思議かのごとく、それを堪能するサウナー達。彼らが外に出てくる際には、ギア2レベルに湯気をまとっていました。

かっちょええ😳笑

ゆの

これら本格サウナのほかに、「サウナしきじ」が聖地と言われる所以は、超良質な地下水にあります。

水風呂に利用されている地下水は、なんと市販のミネラルウォーターの2〜3倍ともいわれる豊富なミネラル分が含まれており、飲用としても推奨されています。熱狂的なファンは、その地下水を汲んで持ち帰ることもあるそう。

だいき

ドラマ「サ道」でも偶然さんが持って帰ってたよね😳!!

知らん!笑

ゆの

また、その良質な成分もさることながら、水の柔らかさが分かるほど肌触りが良く、それは感動するレベルなんだとか!

という評判を聞いていながら、違いの分からない男(私)は、あまり実感出来ず…。ただただ気持ちいいなぁという捻りのない感想。笑

こうして、はじめての聖地訪問を終えたわけですが、正直特別な凄さを味わったというよりか、シンプルに気持ちよかったという感覚の方が大きかったです。

これはあくまで私の感想。やはり聖地と言われるほどの場所、憧れがあるサウナ好きの方は、ぜひ一度足を運んで体感してみてください!!

だいき

私は、もう少し違いの分かる男になれた時、あらためて訪れたいと思います🫣笑

おわりに

日本平が誇る絶景と建築美、いかがでしたでしょうか!?

前回記事でご紹介した「三保松原」と近い距離にあるので、合わせて訪れるのがおすすめです。どちらも富士山を見るには持ってこいのスポットなので、絶景に飢えている方には特におすすめです!笑

それでは本日はこの辺で!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 静岡県