日本一周 北海道

【日本一周No.40】リアル充実した洞爺湖での1日 <北海道③>

2021年10月15日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

旅再開への準備に手間取っており、少々焦り気味です😑
別に焦る必要もないのに焦る性格笑

今回は、洞爺湖で過ごした1日をご紹介✏️
絶景の展望台、ハイキング、夜は友人との再会。
とても充実した日✨
結論!洞爺湖は素晴らしい!!!
ブログを書くことで2度北海道を楽しんでおります😁

それでは早速いってみましょう!!

◯ 洞爺湖を一望『サイロ展望台』

朝一番に訪れたのは、国道230号沿い、洞爺湖の北西側に位置する『サイロ展望台』です☝️

こちらの展望台は、洞爺湖との標高差約200mの高台に位置しており、洞爺湖一帯の大パノラマを楽しむことができます✨

高台ということで、坂や階段を登る必要があると想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配は無用!!
国道沿いの駐車場からわずか数十mかつ高低差なしで、超お手軽にその展望ポイントに辿り着きます。

早速、絶景をお届けしましょう👇
ドンっ!!!

カルデラ湖の全貌、その真ん中に浮かぶ『中島』、そして右手には活火山である『有珠山』『洞爺湖温泉街』を望むことができます!

このうち『有珠山』は、この後訪れることになりますが、下写真看板の通り、近代だけでも4回の噴火が繰り返されており、その都度山の形が変わっています。
この山の麓にある『洞爺湖温泉』は、そもそもは有珠山の噴火活動によって誕生したと考えられています。

直近の噴火では、周囲の街が大きな被害に見舞われたものの、事前の避難などにより、観光地かつ多くの住民がいるのにも関わらず、人的被害がなかったそうです。
この地に住む上で、普段はその自然の恩恵を受けつつ、一方では置かれている環境を理解し、いざという時迅速に対応できる。
まさに、自然とうまく付き合う・共生するモデルのような街だと感じました✨

この日は、風も落ち着いており、湖面に『中島』が綺麗に反射しています✨
カルデラの地形が生み出す景色は、本当に独特かつ魅力的で、なぜこれほどまでに美しいのか、もはや不思議です🤔

ちなみに、この『中島』は、大島・弁天島・観音島・饅頭島の計4島の総称です。
ここ洞爺湖では、「洞爺湖汽船」が中島巡りの遊覧船を運行しており、湖上からの景色も楽しむことができます🛥
この遊覧船は、『洞爺湖温泉街』の桟橋から出港しており、シーズン中は「大島」に寄港するので、上陸も可能です。
大島には、西山・北山・東山の3つの山があり、その最高峰である「西山」へは、大島の桟橋から片道約60分の登山道が整備されているそうです。

今回私は、遊覧船の利用や大島への上陸はしていないので、次に洞爺湖を訪れる時には、必ず行きたい!!

話を戻しまして↩️

展望台には、このようなインパクトあるオブジェ?もあります!
THE観光地感が出ていますが、これはこれで好きだよ😚笑
(サムネにもしてるし😁)

また、展望台横にはヘリポートがあり、どうやら遊覧飛行も行っているようです😍

看板に掲示されていた料金がこちら↓
正直、所要時間を踏まえると、かなり高額に感じてしまいます…😱
でも、そう簡単にどこでも乗れるわけではないし、この洞爺湖を上空から望めるのであれば、それだけの価値があることも頷けます。

まだ人生でヘリコプターに乗るという経験はないので、いつか乗ってみたいものです🚁💨

この他にも、ここ『サイロ展望台』にはレストランやカフェ、売店などもあり、洞爺湖を代表する観光地となっています。

また、展望台から見て洞爺湖の裏手には、その美しさから「蝦夷富士」とも呼ばれている『羊蹄山』を間近に見ることもできます!
朝の澄んだ空に、圧倒的存在感と美しさを放っています✨
こうして見ると、かなりの傾斜だということもよく分かります🙄

ということで、最初のスポット『サイロ展望台』からの絶景をお届けしました👏
洞爺湖観光に訪れる際は、ぜひ立ち寄ってみてください!!

◯ 有珠山にある「天空へ続く道」を歩く

続いて訪れたのは、先ほど展望台からも見ることができた『有珠山(うすざん)です☝️

今回は、『有珠山ロープウェイ』を利用して山を登り、そこから山の外輪に整備された遊歩道を歩くことにしました🚶‍♂️

こちらが有珠山一帯の全貌!
今回は、①〜④のポイントを往復します。

1.『有珠山ロープウェイ』

まずは、ロープウェイに乗車するために麓の駐車場へ🚐
駐車料金は、普通車500円となります。

ただ、私が訪れた7月末には、駐車場を利用する際に、下写真のような商品券をもらうことができ、実質無料で車を停めることができました。
ちなみに私は、ロープウェイの乗車券購入時に使用!

『有珠山ロープウェイ』の営業概要はこちら↓

■営業概要 (※2021年10月15日公式サイト参照)
<営業時間>
 ◯ 8:00〜18:00(※季節により変動あり)
 ※ロープウェイの運行時刻は、営業時間とは異なりますので、下記公式サイトで当日の運行状況をご確認ください。

 ◯その他施設の営業時間
 ・下記公式サイトをご確認ください。

<運賃>
 ◯大人:往復1,800円
 ◯小人:往復 900円

ロープウェイを登りきると、すぐ目の前には、山の上とは思えぬおしゃれなテラスがありました🙄
ここは「洞爺湖展望台」
カフェが隣接しており、すごい今どきな雰囲気☕️

ここから望む絶景がこちら!!
昭和新山に洞爺湖、その奥に少しだけ羊蹄山を見渡すことができます✨

洞爺湖の青さがとても美しい。

早速、遊歩道に向かおうとしたその時。
これまた幻想的な光景が目の前に😍

雨?霧?
いずれにせよ、この北海道の雄大な地形が相まって、物凄く素敵な光景でした✨

それでは、今回の目的である遊歩道に向かいましょう🚶‍♂️!!

お!まだ紫陽花が咲いてる😮

2-0.外輪山遊歩道

「有珠山外輪山遊歩道」の入口にとうちゃ〜く!

看板に記載されている通り、距離は1.1kmと短いですが、かなり高低差があるので結構しんどいです笑
ということは、当然知らなかったのでガンガン進んでいきます💨

歩き始めて、早速右手に火山らしい光景が見えてきました↓

途中、砂地の場所もあり、サンダルで来たことを後悔😱笑
足が汚れまくる…。

そんなことを思いながら、しばらく進むと…。
こんな長い階段を目の前にしたら、中々一歩が出ません笑
最終目的地は、奥の稜線をさらに進んだ先😅

まぁ、降りるんですけどね😑

「有珠新山」の荒涼とした斜面がどんどん見えてきます✨
青空との相性が良きかな。

アップダウンを繰り返し、ようやく先ほど見えた稜線に辿り着きました。
ここからは、比較的傾斜がゆるいので歩きやすいです👍
ただ、夏はアブだらけ😱
攻撃してくるアブではないので、虫除けとかがあれば全然大丈夫でした。

2-1.火口原展望台

そして、遊歩道途中に現れる「火口原展望台」に到着!

周期的に噴火している活火山というだけあって、言葉が適切か分かりませんが、猛々しさを感じる風景です。

斜面中腹では、火山ガス?が発生しています↓

2-2.南外輪山展望台

そして、さらに歩みを進めると。
最終目的地「南外輪山展望台」に到着しました!!

奥に見えるのが、洞爺湖と羊蹄山。
残念ながら、朝はバッチリ見えた羊蹄山の頂上付近には雲がかかっていました😭

とはいえ、近景から遠景まで、それぞれ主役級のスポットが位置しており、それを一緒に見れるこの展望台は素晴らしい✨

諦めの悪い私は、雲が少しでも晴れることを期待して待ってみますが、状況は変わらず。
自分の上空の雲行きが悪くなってきたので、引き返すことにしました🚶‍♂️

あのむちゃくちゃ長い階段を登らなければいけない…😱笑
予想通り、雨に降られましたが、すぐ止んでくれたので問題なし✌️

ということで、遊歩道探索完了です👏

最初にご紹介した「洞爺湖展望台」からも、絶景を望むことはできますが、遊歩道を歩くと『有珠山』の活火山らしい風景を楽しむことができるので、余裕のある方はぜひあの長い階段に挑戦してみてください😁!!

◯ 『洞爺湖畔亭』で過ごす贅沢な夜

この日の夜は、毎度お馴染み車中泊ではなく、豪華なお宿で過ごします!!

実は、北海道在住の友人が、ゆっくり旅の疲れをとって欲しいということで、わざわざ予約してくれたんです😂
2年前に父島でシーカヤックをした時に意気投合、帰りの長い船旅でも彼女も合わせて三人でお酒を飲んだり、短い時間ではありましたが楽しい時間を一緒に過ごしました!
親と子ほど歳は離れていますが、いつも気にかけてくれる、本当に大切な友人です✨

そして、予約していただいたお宿が『洞爺 湖畔亭(とうや こはんてい)』☝️

久々に屋根の下、早めにチェックインしてゆっくり過ごさせていただきました☺️

今回宿泊したお部屋から望む景色がこちら!!
和室と洋室の二間で、一人で利用するにはもったいないくらい広い…。
そしてなんと言ってもこの景色🥺
洞爺湖と中島が目の前に!まるで湖に浮かんでる部屋みたい✨

また、こちらのお宿最大の魅力!
最上階には、大きな温泉があります♨️
当然、この温泉からも洞爺湖を一望できます✨
小さいですが、サウナもあり、この絶景でととのう🤤

夜は、友人と父島以来の再会を果たし、久々の話に盛り上がりました!
父島で過ごしたわずかな時間、そこから2年も経っているのに、良い意味でまったく久しぶり感がない😁笑
焼肉までご馳走していただき、本当にありがたい。

その後は、友人宅に立ち寄り、愛犬と戯れる🏃‍♂️

短い時間ではありましたが、本当に楽しいひと時でした!!
何から何まで、おもてなししていただいた友人には心から感謝です☺️
旅での出会いから、ずっと仲良くしていただき、本当に嬉しい限り。

やなちゃん、ありがと〜!!!
またお会いしましょう✌️

🚐💨💨💨💨💨💨💨💨

再び宿に戻り、この日最後のイベント!
なんと、洞爺湖では、春から秋にかけて毎夜20分間の花火が打ち上がります🎆

ん?毎!?

そう!毎日夜になると、花火が上がるそうなんです👏
すごすぎるぞ洞爺湖!!!

しかも、今回宿泊している『湖畔亭』は、部屋から観賞することができる✨
なんて贅沢なんでしょう😭

花火は、船から移動しながらの打ち上げ。
スタートに備えて、部屋に三脚を立て、その時を待ちます!

そして、いよいよ左手から船が現れました✨

いつぶりの花火だろう。
夏を感じる🙄

ちなみに奥に見えるもう一つの船は、前述の中島巡りの遊覧船を運行している「洞爺湖汽船」の船です🛥
実は、このロングラン花火大会に合わせて、花火観賞船も運行しているそうです✨

動きながらの打ち上げで、画角が常に変わるので写真撮るのむずい笑

宿の部屋から見る花火。
なんとも贅沢で綺麗でした😳

🛌💤💤💤💤💤💤💤💤

翌朝。
早くも洞爺湖で過ごす時間も終わりが迫っています。

この日の朝は、天気こそ悪いものの、『中島』がくっきりと見えて、幻想的な光景が広がっていました✨

この景色を見ながら、最後に温泉入って締めくくり♨️

いやぁ、最高のひと時を過ごさせていただきました!
洞爺湖いいですねぇ🤔
朝から晩まで楽しめる、魅力が凝縮された素晴らしい場所でした✨

◯ ワクチン打ちに弾丸帰宅

洞爺湖で過ごしたその翌日、実は飛行機で自宅に弾丸帰宅しました✈️

その理由は、見出しにある通り、ワクチン接種の1回目を行うため。
旅先から2度も往復するとなると、コスト的にもかなり厳しい…。
ですが、旅で各地を周っている以上、受けておくに越したことはない。

ということで、運よく予約が取れ、それに合わせて弾丸帰宅したわけです🏠

そんなこんなで、今回一時帰宅するにあたり、旅の相棒キャラバンを現地に駐車しておく必要がありました。
そこで私が利用したのは『新千歳空港 C駐車場』です🚐

こちらの駐車場、なんと500円/1日で駐車しておくことが可能です✨
空港の駐車場は高いイメージがあったので、これはありがたい😭
ちなみに各ターミナルから少しだけ離れていますが、全然歩いても行けますし、15分おきにシャトルバスも出ているので便利!
ネックは、満車になりやすいこと⚠︎
平面で駐車台数が限られているので、土日や大型連休に利用する場合は、駐車が難しいかもしれないので、副案を考えておくべし☝️

私は、ちょうど休みのタイミングとはずれていたり、最終日だったりしたこともあり、接種1回目・2回目共に、無事駐車ができました。

新千歳空港も久々!
ラーメン食べちゃう🤤

そして、飛行機に乗り自宅へ。
久々に見る空の景色✨

着陸直前には、父島から戻ってきた「おがさわら丸」がちょうど見えました😍
(また行きたいよ〜🥺)

自宅での滞在は、わずか2泊笑
速攻で北海道へ戻りました💨

なお、今回はワクチン接種後の副反応も想定されたので、一応日時変更ができるプランを予約しました。
が、1回目も2回目も、結局症状は出ず、予定通りの飛行機で即戻り。

というのが、弾丸帰宅の全貌です!
これを参考にされる方は、あまりいらっしゃらないと思いますが、一応記録として書かせていただきました。

ただ、『C駐車場』については、安く利用ができて便利なので、道民の方が飛行機で旅行する際などには、最適かと思います👍
もう知ってるか笑

◯ おわりに

洞爺湖で過ごした最高のひと時、いかがだったでしょうか!?
新千歳空港からアクセスもしやすく、気軽に訪れることができるので、行ったことがない方は、次の旅行候補にどうですか✌️😁

私は、次回洞爺湖に来る機会があれば、カヤックなどのアクティビティ、そして『中島』にも行ってみたいと思います。

次回の記事では、突如起きたトラブルの様子をお届けします😱
車中泊旅の生命線であるポータブル電源に異常が!?

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 北海道