日本一周 北海道

【日本一周No.54】クルーズ船でゆく、海から望む圧巻の知床 <北海道⑯>

2021年11月20日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日をもちまして、知床編は最終回を迎えます👏
私自身、終わってしまうのが寂しいですが、最後に相応しい圧巻の景色をお届けします✨

今回は、ウトロからクルーズ船に乗り、海から知床半島を望みます!
景色がすごすぎて、圧巻というより圧倒されまくり😳

それでは早速いってみましょう!!

◯ いざ、知床半島の先端へ

1.ゴジラ岩観光

さて、これからクルーズに向かうわけですが、知床岬へと向かうツアーを展開しているショップはいくつかあります

その中で、今回私たちが利用したのは、『ゴジラ岩観光』というところ☝️
こちらの事務所は、ウトロと羅臼にそれぞれ1箇所ずつあり、今回お世話になったのは「ウトロ事務所」の方です!
※岬へ向かうクルーズは、どのショップも基本的にウトロ発となります

事務所は、ウトロ市街地のど真ん中!!
駐車場は少し分かりにくいですが、事務所前に行けばスタッフの方が案内してくれます👍

ちなみに、ここウトロ事務所で催行されているクルーズは全部で3コース
※2021年シーズンの運航はすでに終了しています

■ 知床半島クルージング |ゴジラ岩観光ウトロ事務所
  知床岬クルーズ
  所要時間:約3時間
  折り返し点:知床岬
  (※一番人気のコースだと思われるので、混雑期は予約必須)

 ルシャコース
  所要時間:約2時間
  折り返し点:ヒグマの聖地「ルシャ湾」

  硫黄山コース
  所要時間:約1時間
  折り返し点:硫黄の滝
  (※最も便数が多いコース)

下写真の看板を見ていただくと、各コースがどのあたりまで行くのかイメージしやすいかと思います👇

そして、私たちは全てを見たい欲張りカップルなので、「知床岬コース」を事前に予約済み✌️😁

私的に、知床で一番楽しみにしていたのがこのクルーズです!!
羅臼で野生動物ウォッチングクルーズが欠航になってしまった時はヒヤヒヤしましたが、念願だったこちらのクルーズには無事乗ることができました✨


待ちに待った、クルーズ当日!!

事務所で手続きを済ませた後は、予約順に並んで船へと向かいます🏃‍♀️
船に向かう途中、『ゴジラ観光』たる所以を見ることができました👇

岩に無理矢理名前をつけた、観光地あるあるなのかと思いきや、結構なゴジラ!笑
このクオリティであれば納得です🤔

さてさて、今回乗船する船は、こちらの「カムイワッカ55号」💁‍♂️
小さく見えますが、定員は55名(夏季)、トイレも完備しているので長時間のクルーズも安心です✨

船の乗船にあたっては、ポイント&注意点があります!!

できれば、正面向いて右側に着席するのがおすすめ☝️
なぜなら、知床岬への往路は沿岸に近いところを走り、復路は沿岸から遠ざかって戻るため、往路で半島側に座るのが望ましいです。
複数のショップがクルーズを催行しているので、おそらく安全性などの観点から、このようなルートの決まりがあると思われます。

船後部はかなり濡れるので注意⚠︎
一方で、周りをあまり気にせず写真が撮れるので、私たちは濡れるのを承知であえて座りました笑
自分たちがいくら海水に晒されようとカメラだけは死守しました😤👍

また、ありがたいことに、船内では酔い止め(錠剤or液体)が販売されていました。
私は結構船酔いしやすい体質なので、気持ちよく楽しむために飲んでおきました!

ということで、ショップと船のご紹介はこの辺にして!
実際のクルーズの様子へ😍

2.知床岬に向けて出港!!

それでは出港します🛥💨
目指すは『知床岬』!!!

海へ出ると、遥か彼方へと続く、切り立った崖を横目にどんどんと進んでいきます💨
何だこの圧巻のスケールは😳!?

序盤でお目にかかったこちらの景色👇
みなさん、どこだかお分かりでしょうか!?

実は、以前の記事でご紹介した『フレペの滝(乙女の涙)』なんです✨
陸から見ても絶景だったあの滝が、こうして海から見ることでさらに迫力を増して迎えてくれました。

他にも、次々に大小様々な滝が現れます。
海から滝を見るなんて、中々できる体験じゃないですよね。
このクルーズでは、それを何度も味わえるんです!!

次の写真の滝は、前回の記事でご紹介した『カムイワッカ湯の滝』!
とは別の『カムイワッカの滝』です😁

ややこしいですね🤔
どちらも同じ「カムイワッカ川」にかかる滝であり、わずかに上流に位置しているのが『カムイワッカ湯の滝』河口に位置しているのがこちらの『カムイワッカの滝』です。

少し離れたお隣にも、やや規模が小さめの滝が流れています。

引いて見るとこんな感じ👇

たまりませんね〜、この秘境感😍
テンションあげあげ!!

お次は『ヨウシペツの滝』
何でこんな綺麗な地形になるわけ!?

こんな景色見たことないよ😍

ゆの
だいき

「知床」は、絶景を作り上げる天才アーティストだね🤔

ドヤ顔でちょっとキザな例えすなっ笑

ゆの

お次は、滝の名前は分かりませんが、すごく近くまで寄ることができました!
水量が少なく、風で飛沫のようになって綺麗です✨
このくらいの滝であれば、修行できそうですね🤔笑

続いても注目!!
この岩が何の形をしているか分かりますでしょうか👇

これは分かりますよね😁?
そう、セントバーナードの横顔です!!
アルプスの少女ハイジにも出てくるあのワンコ🐶

いやぁ、ゴジラ岩といい、知床の岩はネーミングとクオリティが合致してますね〜。笑

そんなこんなで、目の前に広がる景色にずっと興奮していたら・・・😳
ついに、終点『知床岬』に到着しました!!

実際の景色がこちらです📸

これまでの断崖絶壁&もりもりの木々という光景とは打って変わり、岬は開けた草原地帯になっています
天国かここは!?

海から見ることしかできませんが、ここまで来れたことにただただ感動😂
一番見たかった景色が見れて、私は幸せ者です。

さて、もっと長いこと見ていたいのは山々ですが、船はウトロへと引き返していきます。
前述の通り、復路は沿岸を離れ、一気にウトロを目指します💨

と、その時!
「ヒグマの親子がいた!」とのアナウンスが😍

どこどこ🧐?
ようやく見つけた時に見えたのは母熊の姿👇

望遠でも寄り切れない距離、目視では遥か先になりますが、それでも存在感があります!!
残念ながら、子熊2頭は岩の裏に隠れてしまいましたが、彼女がしっかり捉えていました📸

ドヤッ

ゆの

なんか愛くるしい姿ですね🥺
往路で見れなかったので、もう望み薄だと思っていたのですが、最後の最後でまたも幸運に恵まれました✨

やっぱり、船から見るぐらいが、お互いにとっていい距離感なのかも!
そんなことを思いました。

よし!!
これで気持ちよく帰れます✌️

復路は、高速ですっ飛ばす🛥💨
往路とは違い、沿岸から離れて視界が広がったからか、半島の雄大さをより強く感じます

まるで「ジュラシックパーク」の世界観😍

どこを切り取っても綺麗だね😊

ゆの

沿岸近くには、他のツアーのボートも度々航行しています🛥💨

中にはこんな大型船も🙄!
揺れにかなり弱いという方は、こういった大型の船の方が安心かも☝️

そんなこんなで、3時間のクルーズもあっという間。

最後の最後まで、たまらなく美しい景色でした。
本当に来れて良かった😊

ありがとう「知床」。
また来るぜぃ!!

知床旅、おわり✌️

◯ 夕焼けが巨人を生み出す!?

知床半島とお別れし、次は彼女とのお別れ😂

とその前に、女満別空港手前の『メルヘンの丘』で締めの絶景に遭遇しました!!

ちょうど夕暮れ時🌆
絶景のゴールデンタイム!!

ヤバい綺麗だな。
これだけシンプルで美しい景色は、もはやアート

そりゃぁ、こんな景色を目の前にしたら遊ぶよね😁!!

角にしてみたり🦌

ばっちばちにピンボケしてるやんっ👋

ゆの

田植えならぬ「木植え」。
こんなにも簡単に木が植えられたらいいのに🤔

最後の楽しい時間も束の間、女満別空港で彼女とバイバイです👋

毎度見送る時には、凄まじい孤独感と寂しさに襲われます。
(でも翌日にはケロッとして旅を楽しんでる、なぜ🤔?笑)

何はともあれ、今回も一緒に充実した旅ができて最高でした✨

◯ おわりに

これにて、今回の知床大冒険を完結とします!!

いやぁ、楽しすぎた、綺麗すぎた、最高すぎた。
この記事を書いていて、また行きたくなってウズウズしています🥴

まだ知床に行ったことがない方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
ここでしか味わえないことがたっくさんあります✌️😊
きっと知床が大好きになるはずです!

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 北海道