DIY

【DIYど素人、キャラバンお家化の記録④】 目指せオフグリッド <part2>

2021年5月12日

どうも、こんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

前回の記事では、旅中の電力確保の方法とポータブル電源についてご紹介しました。今回はその続き、充電の要となるソーラーパネルの選定・取付方法をまとめています。

それでは早速行ってみましょう!

ソーラーパネルの選び方

大前提として、ソーラーパネルを導入する際に最も重要なのは、供給先のポータブル電源の仕様に合わせて、最適なパネルを選ぶことです。

とはいえ、この点は理系チックで非常に細かい話になるので、またいつか記事にしたいと思います(たぶん…笑)。

だいき

私自身は、文系頭なので、うまく説明できる自信がないのです😂笑

さて、一概にソーラーパネルと言っても、大きく以下のタイプに分けられます。

ソーラーパネルのタイプ

① フレームタイプ(一般的なパネル)

メリット・アルミフレーム枠とガラス板で保護されおり、耐久性が高い
・比較的安価な商品が多い
デメリット・重量があり、持ち運びには向いていない
・キャリアに固定するため、車高が高くなる
・別途キャリアを購入するコストがかかる
固定方法車のキャリアに固定

② フレキシブルタイプ

メリット・薄くて軽く、持ち運びもしやすい
・パネル自体に柔軟性があるため、曲面でも取付可能
・直接車体に固定することで、車高の高さを抑えられる
デメリット・①に比べて耐久性が劣る
・高価な商品が多い
・固定方法によっては、車体に接着剤等が付着する
固定方法コーキング剤や強力マグネットにより、車体に直接固定

③ 折りたたみタイプ

メリット・ポータブル電源メーカーの純正が多いため、特に仕様の適合を気にする必要がない
・コンパクトで持ち運びやすい
デメリット・高価な商品が多い
・常設での使用ができない
固定方法固定用途のパネルではない

さらに細かい話をすると、パネルの素材自体も、シリコン系・化合物系・有機系と大きく3種類に分けられます。その中でも、一般的に流通しているのはシリコン系です。

さらにさらに、シリコン系の中でも、製造工程により、2種類のパネルに分類されます。一長一短なので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

単結晶・純度の高いシリコンを使用しているため、発電効率が高い
・多結晶に比べると価格がやや高い
多結晶・再利用シリコンを使用しているため、単結晶に比べて発電効率が劣る
・単結晶よりリーズナブル

以上の中で、最終的に私が選んだのは、①フレームタイプ/単結晶のこちらのパネルです。

◯ RENOGY 単結晶ソーラーパネル 100W (×2)


他メーカーを含め、いくつか候補がありましたが、会社の信頼性やコストパフォーマンスの高さを鑑み、このパネルに決めました

「RENOGY」というメーカーは、元々アメリカで設立された会社で、ソーラー製品を多く取り扱っており、車のDIYをされる方もよく使用されているのをお見かけします。さらに、アメリカ発といえど、「RENOGY JAPAN」も存在するので、問い合わせなどをする際の心配もありません。

そして、このパネル1枚からどれくらいの電力を生み出すことができるのかというと、夏晴れかつ太陽とパネルが向き合った最良条件下で最大80~85Wぐらいです。(※あくまで、パネル能力を最大限発揮する接続方法・電源を選んだ上での数字です。)

商品名では「100W」になってるけど、そこまで出すのは難しいの🤔??

ゆの
だいき

変換効率とか色々な要素が起因して、実際は仕様W数の70〜80%が最大W数の目安になるよ☝️

この点については、どのメーカーも同様で、パネルの仕様や値段によりさらに下がってしまう事もあります。

ということで、今回こちらのパネル2枚を導入した事で、最大160~170Wの電力を生み出すシステムが完成しました!

ちなみに、曇りの日でも10〜30Wは出してくれるので、それなりに心強いです。

ソーラーパネルの取付方法

パネルが用意できたので、お次は車に取り付けていきます!

1.キャリア購入

今回の取付けにあたり、別途「TAFREQ(タフレック)」というメーカーのキャリアを購入しました。


キャリアも結構高いね🤔

フレキシブルパネルを直接取り付ける場合と比較して、結果どっちが高いの??

ゆの
だいき

これが意外にもどっこいどっこいなんだな!!

今回は、耐久性を重視したよ✌️

キャリアを取り付けた我が相棒がこちらです!

ただの業者に見えるかもしれませんが、私にとっては愛くるしい車です。笑

ところでキャリアといえば、2本のバータイプが多いイメージがありませんか??

実際、そのタイプと迷ったのですが、以下の理由から「TAFREQ」を選びました!

  • 両タイプでコストに大差がない
  •  両タイプを取付けた際の車高に大差がない
  •  TAFREQの方がバーが多く、取付金具を付ける箇所が増えるので、パネルがすっ飛ぶ可能性を軽減できる
  • TAFREQの方が積載面積が広いため、パネル設置箇所以外の部分に荷物を積める
    (今のところ1回も積んだ事ない…笑)

2.パネル取付

続いて、本題のパネルの取付に入ります。

前提として、キャリアを屋根に詰んだ後にパネルを設置するのは困難なので、キャリアの組立と同時に取付けていきます。

取付けにあたり、以下のアイテムを用意しました。

  • Ω型の金具
  • 厚めのゴムシート
  • 耐候性結束バンド
  • 結束バンド用マウントベース
  • スパイラルチューブ
  • M6ボルト類
    (ボルト・スプリングワッシャー・ワッシャー・ナット)

アイテムを揃えたら、下記の固定手順に沿って作業を進めていきます!

手順1

取付位置を決めた後、キャリアバーの間隔に合わせて、パネルのアルミフレームに金具取付け用のボルト穴をあけていきます(蛍光ペンで印を付けた箇所)。

だいき

パネルを損傷しないように、小さめの鉄板を敷いて慎重に作業したよ👍

手順2

金具とボルトでパネルをキャリアに固定していきます。

金具とキャリアバーの間に隙間が発生するため、ゴムシートをカットして挟み込み、ズレないよう工夫しました。

※取付時の写真を撮ってなかったので完成時の写真です

手順3

結束バンドをありったけ付けていきます。

これだけ付ければ問題ないだろうということで、固定完了!

手順4

ケーブルを整理した上で、キャリアごとキャラバンに載せていきます。

さすがにデカくて重すぎるので、父に手伝ってもらい、無事乗っけることができました!

3.ケーブル配線

続いては、ケーブルを車内に引き込むための配線を行っていきます。

手順1

ケーブルをスパイラルチューブで保護した上で、結束バンドを使い、車両後部にケーブルを流していきます。

手順2

リアゲート縁の雨水が流れるスペースに、結束バンド&マウントを使い、ケーブルを固定します。

手順3

テールランプを取り外し、ケーブルを車内へと引き込みます。

この際、テールランプと車体の隙間が極端に狭いので、影響のない範囲で穴を開けました。

また、ゴムパッキン?の部分も既存のケーブルしか入る隙間が無かったので、切り込みを入れて調節しています。

手順4

内装を取り外しケーブルを室内まで引き込みます。ここでも引き込む隙間がほとんどないため、こじ開けていきます。

内装を切り開けるのに活躍したのが、草木用の剪定バサミです。笑

ケーブル引き込み作業終了。

この状態で、ポータブル電源に接続すれば充電が始まります。色々なところをこじ開けてしまいましたが、これにて電力確保完了です!!

だいき

旅に向けた1つの難関を乗り越えた気がする✌️😆

おわりに

今回のような作業は、とても重量があるものを扱うので、金具の取付を含め、2人いるとスムーズで安全です。私の場合、ほとんど一人で作業したので、半端なく大変でした。笑

同様のDIYをされている方、ぜひ参考にしてみてください!

それでは、本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-DIY