日本一周 静岡県 番外編

伊豆半島の魅力を知ってほしい! おすすめ絶景スポット5選をご紹介【日本一周番外編/静岡県】

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日の記事は、日本一周番外編として、静岡県伊豆半島のおすすめ絶景スポットをご紹介します。伊豆半島がどんな場所で、どんな風景が広がっているのか、この記事を読んでいただければ、その概要が掴めます!

それではいってみましょう!!

はじめに

まずはじめに、本記事を「番外編」とした理由は、日本一周旅で伊豆半島を回っていないからです。

正確に言うと、秋の『修善寺』のみ訪問。その様子は下記記事にまとめています↓↓

というのも、伊豆半島は、私が幼少期のころから幾度となく訪れていること、そして静岡旅のスケジュールに期限があったことから、日本一周旅で回るのは断念しました。

とはいえ、あらゆる魅力に溢れる「伊豆半島」をどうしてもご紹介したい!

ということで、番外編という形でイチ押しの絶景をまとめることにしました。

伊豆半島ってどんなとこ!?

「伊豆半島」は、静岡県の東端に位置する半島で、本州から南(太平洋)に向かって約60km突出、東西約40kmの幅があり、東の相模湾、西の駿河湾を隔てています。

はるか昔は、本州から数百kmも離れた海底火山群でしたが、フィリピン海プレートの北上に伴い本州と衝突、その後長い年月をかけて現在の姿になったと考えられています。

そうした地史から生まれた特異な地形・地質は世界的にも希少であり、2018年には「ユネスコ世界ジオパーク」に認定されています。

観光面では、交通利便性が高いことから、県外からの観光客が多く訪れます。関東在住の方であれば、都内から伊豆半島最深部を結ぶ特急が走るなど、交通網の恩恵を受けやすく、特に馴染みの深い旅行先ではないでしょうか。

レジャーや温泉、ジオサイト巡りなど、ありとあらゆる魅力・見どころに溢れた場所、それが「伊豆半島」です!

おすすめ絶景スポット5選

それでは、本題のおすすめ絶景スポットをご紹介していきます!

今回は、私が実際に訪れたスポットのみで厳選しているので、数ある絶景の一部に過ぎませんが、まだ伊豆半島に行ったことがないという方に、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

だいき

昔撮った写真なので、クオリティの低さが否めませんが、その点はご容赦ください🙇‍♂️笑

1.大室山(伊東市)

伊豆半島でも、特に個性的な存在感を放つ『大室山(おおむろやま)』

山全体が一年草に覆われ、毎年山焼きがなされていることから高木が一切なく、遠くから見ると可愛らしい山容をしています。その標高は約580mと、見た目以上に高く感じますが、リフトで気軽に登頂が可能。

山体保護のため、登山は禁止されているよ🙅‍♀️

ゆの

山頂のお鉢巡りでは、富士山をはじめ、周囲の景観を余すことなく一望できるので、伊豆半島に行くならまずおすすめしたいスポットです!!

だいき

遠くから見た大室山👇
とてもシンボリックだよね🤔✨

画像提供:photoAC

「大室山登山リフト」の概要

営業時間:始発9:00/終発は時期により変動
※終発時間と元旦営業時間は下記サイトで要確認
定休日:無休(荒天時/6・12月に整備点検に伴う休業あり)
乗車料金:
大人700円/小人350円
アクセス:伊豆急行線「伊豆高原駅」からバスで約20分/タクシーで約10分
駐車場:あり(無料)
その他:詳細はHPへ(大室山登山リフトオフィシャルサイト

2.伊豆ぐらんぱる公園(伊東市)

東京ドーム5個分という広大な敷地面積を誇る『伊豆ぐらんぱる公園』

ダイナミックで種類豊富な遊具・アトラクションがあり、子供から大人まで楽しめるスポットです。中でも「グランイルミ」と呼ばれる夜間イルミネーションがイチ押し。

広大なエリアを彩る灯りが本当に幻想的、かつ、プロジェクションマッピングショーなど、様々な仕掛けが用意されており、印象深い思い出として心に残るはず!!

グランイルミは、例年9・10月を除き、約10か月間開催されています。

「伊豆ぐらんぱる公園」の概要

営業時間:9:30~17:00
定休日:無休
入園料金:
大人1,500円/小学生1,000円
アクセス:伊豆急行線「伊豆高原駅」からバスで約20分/タクシーで約10分
駐車場:あり(普通車500円)
その他:詳細はHPへ(伊豆ぐらんぱる公園

※グランイルミの情報については、各年によって変動もあるので、公式サイトをご確認ください(伊豆高原グランイルミ

3.稲取細野高原(東伊豆町)

ぐらんぱる公園よりさらに広い、東京ドーム26個分という広さを誇る草原『稲取細野高原(いなとりほそのこうげん)』

先述の大室山同様、毎年行われる山焼きによって、その美しさが維持されてきたすすき草原が広がっています。

特におすすめしたいのは、黄金色のすすきに覆われる秋で、「すすき草原×大海原」という光景は、ここでしか見たことがない珍しい景観です!!

だいき

ゆるキャンにも登場した場所だよ😳!!

「稲取細野高原」の概要

見学可能時間:24時間
定休日:なし
入山料金:
無料(春・秋のイベント開催時のみ有料)
アクセス:伊豆急行線「伊豆稲取駅」からタクシーで約10分
駐車場:あり(無料)
その他:詳細は右記サイトへ((一社)東伊豆町観光協会

4.竜宮窟(下田市)

圧倒的秘境感を放つ『竜宮窟(りゅうぐうくつ)』

「窟」という名の通り、洞窟なのですが、よくイメージする横穴だけではなく、直径約50mほどの天窓があるのが特徴です。洞窟内部と天窓上部の両方からその姿を見ることができ、どちらから見ても神秘的で感動すること間違いなし。

洞窟内から見る光景は、ジブリ映画「紅の豚」に出てきた隠れ家を思わせ、まるで異世界に迷い込んだような感覚になります!

「竜宮窟」の概要

見学可能時間:24時間
定休日:
なし
見学料金:
無料
アクセス:伊豆急行線「伊豆急下田駅」からバスで約20分/タクシーで約15分
駐車場:あり(通常500円/夏期1,500円)

5.ユウスゲ公園(南伊豆町)

伊豆半島最南端の石廊崎に位置する『ユウスゲ公園』

伊豆半島好きでも中々訪れることがないであろう先端の秘境には、断崖の険しい地形が連なります。しかしながら、ここユウスゲ公園一帯は、比較的なだらか丘陵地になっており、その名の通りユウスゲが自生する草原が広がっています。

静けさの中、青い大海原と緑生い茂る丘陵が織りなす風景は、まるで離島にでも来ているような秘境感を味わえます!

だいき

5年前の写真👇
格好が今と全く変わってない…笑

私が撮ったやつ📸!!

ゆの

「ユウスゲ公園」の概要

開園時間:24時間
定休日:なし
入園料金:
無料
アクセス:伊豆急行線「伊豆急下田駅」からバスで約45分
駐車場:あり(無料)

まとめMAP

おわりに

伊豆半島のおすすめ絶景スポット、いかがでしたでしょうか!?

この記事をきっかけに、その魅力に興味を持っていただけたら幸いです。

私自身何度も訪れていますが、まだまだ行き足りない伊豆半島。今回ご紹介した場所以外で、ここは行くべき!というスポットをご存知の方は、ぜひコメントで教えてください!!

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 静岡県, 番外編