日本一周 北海道

【日本一周No.46】日本最大の湿原『釧路湿原』を巡る <北海道⑧>

2021年11月4日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

本日ご紹介するのは、湿原の中で日本最大の広さを誇る『釧路湿原』です!
その釧路湿原を一望する展望スポット3箇所をまとめました✏️

どこもかしこも広大な北海道においても、釧路湿原のスケールは一際圧倒されます✨

それでは早速いってみましょう!!

◯ 『釧路湿原』とは

まずはじめに☝️

『釧路湿原』とは、日本の湿原の総面積の大部分を占めるとても大きな湿原で、国立公園に指定されている面積は28,788haあります。

その大きさの目安となる例をお伝えしたいところですが、私自身調べてみても、そもそも面積自体の情報が錯綜していて、いい例えが見つかりませんでした…。
多くのサイトでは、「東京23区が丸々収まる」と記載されているのですが、環境省・東京都のHPで情報を確認して比較すると全然収まってないんですよね😅

ちなみに、以前の記事で私が分かりにくいと言った「東京ドーム◯個分」で釧路湿原の広さを例えるとすると、計算の結果約6000個分になりました。
ん〜、相変わらず分からないですね〜😑笑

何はともあれ、凄まじく大きい湿原だということをなんとなく感じ取っていただけたでしょうか!?
良い例えをお持ちの方は教えてください😁

話を戻しまして↩️

釧路湿原は、その大部分が人の手が加わえられずに保たれてきており、多種多様な生き物が生息しています。
北海道代表のキタキツネやエゾシカはもちろんのこと、珍しいものではオジロワシ、国の天然記念物であるタンチョウも生息しています。
ちなみに、日本でラムサール条約(「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」)の登録湿地になったのは、釧路湿原が第1号らしい😳
これら哺乳類・鳥類の他にも、魚類や昆虫も数多く生息している、まさに『生き物の楽園』です✨

3年前、私が人生で初めて野生のキタキツネに出会ったのもここ釧路湿原☺️
残念ながら、今回の釧路探訪では出会えなかったので、3年前の写真を引っ張り出してきました↓

ということて今回は、そんな『釧路湿原』を一望する展望スポットをご紹介していきます!!

◯ 『釧路湿原』を望む展望スポット

1.サテライト展望台(北斗展望台園地)

はじめにご紹介するのが、『サテライト展望台(北斗展望台園地)☝️

こちらの場所は、釧路湿原の西側に位置しており、『釧路市湿原展望台』から始まる遊歩道を歩いた先に待つ展望台です。
なお、『釧路市湿原展望台』までは、釧路市中心地から車で約30分🚐

遊歩道の全貌はこちらです↓
今回は、この遊歩道を時計回りに歩いていきます🚶‍♂️

道のりは、こんな感じでフラットで歩きやすい✌️

先程の案内板にも、展望台までは車椅子で行くことも可能と記載されていました。
(※フラットなのは、赤く色付けされた道のみです)

そして、歩くこと約15分🚶‍♂️
目的のサテライト展望台に到着しました!

広大すぎる湿原が目の前に広がっています😍

展望台には、もう一段階高いデッキがあります↓
少しの高さの違いで、かなり視界が開けます✨

この場所からは、奥の丘陵地まで綺麗に見えるので、逆にその広さを実感しにくいかもしれません。
ですが、釧路湿原は東西幅25km・南北幅35kmに及ぶので、それを踏まえて見ると何とも驚きと感動があります😳

この景色を楽しんだ後は、行きとは違うルートを歩いて戻ります🚶‍♂️
帰りの道は、この通りアップダウンが激しいですが、立派な木道が設置されているので歩きやすくはあります👍

こんな吊り橋もあったり、遊歩道として面白かったのは帰りですね🤔
(※もちろん反時計に回ることもできるので、その場合は行きがこちらの道になります)

ちなみに、この遊歩道の起点となる『釧路市湿原展望台』は、下写真のような個性的な建物の展望施設で、駐車場がすぐ横にあって気軽にアクセスできる場所です✨
ただし、入館料(大人480円)がかかり、かつそこまで高さのある建物とは思えないので、私個人的には足が止まってしまいました…。
(以前来た時にも、同じように思いスルーしてしまいました笑)

とはいえ、これはあくまで私の先入観ですので、気になる方はその真相を確かめてみてください。
もしかしたら、私が行かなかったことを後悔するほどの絶景が待っているかも🤔

画像提供:photoAC

ということで、一つ目の展望台散策は終了!!
『釧路湿原』のスケール感をどストレートに味わえるオススメの展望台です👍

2.コッタロ湿原展望台

続いてご紹介するのは、『コッタロ湿原展望台(こったろしつげんてんぼうだい)☝️

釧路湿原の北側に位置しており、釧路市中心地からは車で約1時間ほど🚐!!
釧路湿原の端の方にあるので、人の往来も比較的少ない場所だと思います。

まずはじめに、『コッタロ湿原』は、「釧路湿原国立公園」の特別保護区に指定されている地域で、その中でも原始性が高いとされるエリアです。
この原始性が高いというフレーズが分かりにくいですが、この後写真を見ていただくと、何となくそれを感じ取っていただけると思います!

そんな『コッタロ湿原』を望むために整備されたのが、こちらの展望台です。

展望台までは、駐車場から高台まで少し登る必要があります🚶‍♂️
急な階段や坂が続き、高低差が結構あるのですが、所要時間はそれ5〜10分ほどなので、ぜひ諦めずに登ってみてください✌️

そして、展望台にたどり着くと目の前にはこんな景色が広がっています!!

言葉で表現するのは難しいですが、前述の「原始性」というのをすごく感じませんか!?
どこがどう原始的なのかを言葉にするのが難しいですが、フィーリング!!笑
よく考えてみると、自然風景を見てタイムスリップした気分を味わうというのは、中々ない経験ではないでしょうか🤔

先程の展望台は湿原の端から見ているという感じでしたが、こちらの展望台は湿原の中にいるという印象を強く感じます

ちなみに、「コッタロ」とは、アイヌ語で「水の湧くところ」という意味だそうです。
まさにその通り!!という景色ですね✨

周囲の景色は、やはり大スケール😳

望遠レンズで撮影した写真と比較すると、その広さが分かりやすいかも🤔

ということで、こちらの展望台散策もおわり!!

前述の通り、人の往来が少ないので、「静かに景色を楽しみたい!」「ゆっくり写真を撮りたい」といった方には特におすすめです✌️

3.細岡展望台

最後にご紹介するのは、『細岡展望台(ほそおかてんぼうだい)』☝️
こちらの展望台は、釧路湿原の東側、釧路市中心地からは車で約40分ほどのところに位置しています。

個人的には、この展望台がイメージする釧路湿原に一番近い風景が見れる場所だと思っています🤔

この日は、コッタロ湿原の次に向かったため、釧路湿原を横断する砂利道(道道1060号)を通って行こうと車を走らせます💨
しかし、以前来た時には通行できたこの道が、どうやら冠水災害で途中の橋が損壊したらしく、通行止めになっていました😱

その砂利道はこんな感じ↓

まじかぁ。
戻ってかなり大回りしないといけない…。

まぁ、釧路川をゆっくり見れたからいいか🤔

🚐💨💨💨💨💨💨💨💨💨💨

てなわけで、遠回りしてとうちゃ〜く!

『細岡展望台』周辺のマップはこの通り↓

展望台の近くには、釧路本線や観光列車ノロッコ号が停車する『釧路湿原駅』があります。
下写真は、以前訪れた時に撮影したものですが、大湿原の中にこじんまりと佇む無人駅がなんか素敵✨
ログハウスの駅舎とこちらのホーム以外何もないですが、展望台駐車場から歩いて行けるので、ご興味のある方は散策してみてはいかがでしょうか!

いざ、本題の展望台へ🏃‍♂️
駐車場からは、ゆるい上り道を歩くこと5〜10分くらいでたどり着きます✌️

そして、こちらの展望台から望む景色がこちら!!

ここから望む景色の特徴は、何と言っても湿原を蛇行して流れる「釧路川」😍
『釧路湿原』と聞いて、このような景色をイメージする方は結構多いのではないでしょうか!?
私自身もその一人で、初めて見た時には「これこれ!!」と思いました!
今回で2回目ですが、やはりこの展望台が一番しっくりくる🤔

しかも、こちらの展望台からは、なんと前回の記事でもご紹介した阿寒岳まで見通すことができます✨

また、一番最初にご紹介した『釧路市湿原展望台』を目視することもできます。
ということは、この2つの展望台に訪れれば、東西両側から釧路湿原を見たことになるわけです😍!!

何はともあれ、やはりこの景色は圧巻ですね。
釧路湿原に訪れる際には、ぜひ訪れていただきたい場所です☝️

ということで、最後の展望台散策も完了!!


さて、これにて今回の旅における釧路探訪も終わってしまったわけですが、若干後悔している点があります…
それは、釧路湿原を走る列車だったり、釧路川でカヤックをするなど、何か以前とは違うアクティビティをやればよかったなぁと、今更ながら考えてしまいます😅
もちろん、展望台巡りも絶景を望めて最高なのですが、何せ以前も回ったところなので、プラスαがあればなお充実したのではないかと。

まぁ、それはまた次回訪れた時のお楽しみに取っておきましょう✌️

◯ おわりに

以上で、今回の釧路探訪完結です!

日本最大の湿原のスケールを味わっていただけましたでしょうか☺️!?
釧路市には、『たんちょう釧路空港』もあり、アクセスは抜群です✨
ちょいとひとっ飛びして、釧路の絶景を味わってみてはいかがでしょうか✌️

次回は、私が初めて訪れる根室エリアのご紹介です。
引き続き、読んでいただけたら嬉しいです☺️

それでは本日はこの辺で!!

【ご報告】当ブログにプロフィールページを新設しました!

そういえば、このブログの中に私の人となりが分かるものって無いな〜と思いまして、簡単ではありますが作ってみました。
私の自己紹介に加えて、たまに記事内や写真でシルエット登場する彼女の紹介もあります✌️

ちなみに、素敵なイラストは彼女のお姉ちゃんが描いてくれました
私自身、「あ、自分だ!」と思うほど似てると思います😳

このような顔をしていて、キャラバンに乗っている男を見かけたら、ぜひお声がけください!!
さすがに難易度高いか😁笑

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 北海道