日本一周 北海道

【日本一周No.43】想像する北海道がそこにある、『美瑛』の絶景まとめ <北海道⑤>

2021年10月23日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

現在リアルタイムでは、長野におりますが、寒気の影響で連日バカ寒い🥶
毎朝車内の温度が1ケタ台まで下がっています。
ちなみに今日は、上高地の絶景を巡ってきました🏃‍♂️(綺麗すぎてヤバかった…)
来週はまた暖かくなるみたいなので、まだまだ山も巡れそうで安心✌️

さて、今回は、北海道『美瑛町(びえいちょう)』の絶景をまとめることにしました✏️
美瑛といえば、多くの方がイメージする「THE 北海道」の景色が広がっている場所ではないでしょうか。
今回は、一つ一つの説明はできる限り短くし、様々なスポットをご紹介していきます!

それではいってみましょう!!

◯ 美瑛町とは

まずはじめに!
『美瑛町』とは北海道上川郡にある町のひとつ。
位置は、北海道のほぼ真ん中!!

北は旭川、南は富良野に挟まれており、夏の北海道観光にはもってこいのエリアです☝️

この町の特徴としては、なだらかな波のような丘陵地帯になっており、そこに広大な農地が広がっていること。
また、周囲には大雪山国立公園の十勝岳連峰をはじめとした雄大な山々が位置しており、町の約70%を超える面積が山林である自然豊かな場所

ちなみに全体面積は、東京23区と同じくらいらしい🤔
とはいえ、広大な北海道!
移動時間は、東京23区内を車で走るより遥かに短時間で済みます笑

自然を欲している皆さん、北海道の広大な景色を見てリフレッシュしてみたくないですか!?
まずは、この記事で写真を🙌
そして、次はぜひ現地へ行ってみて欲しい🚐💨

遠いようで、案外簡単に行けちゃうよ!!

◯ 美瑛の絶景スポット

今回ご紹介する絶景スポットは、実際に私が足を運んでみた場所です🏃‍♂️
が、それもあくまで一部に過ぎません。

そもそもですが、美瑛はおすすめのスポットに限らず、町の至るところその辺の景色が絶景です😁
もし今後訪れる際は、これからご紹介する場所に限らず、気の向くままにドライブして、あらゆる絶景を見つけてみてください!!

また、ご紹介するスポットについては、それぞれが比較的近く、効率的に周れば案外短時間で一周することもできます☝️
なので、最初の計画から厳選して行程を組むも良し!
一旦全部回ってみて、お気に入りの風景をもう一度見に行くも良し!

本当に色々な楽しみ方ができるので、あなたが今後訪れる際の参考になれば嬉しいです😊
最後に、紹介スポットを一つにまとめたマップも作成しています👍

1.白ひげの滝

はじめにご紹介するのは、十勝岳の麓「白金温泉街」にある『白ひげの滝(しろひげのたき)です☝️
山の麓とはいうものの、「美瑛駅」から車でわずか約30分のところに位置しています。

なんといっても、滝の下を流れる「美瑛川」の青さが美しい✨
こちらの滝が位置する白銀地区を流れる水は、火山性の物質を多く含んでおり、それがコバルトブルーの流れを生み出すそうです。

現地では、川を渡る橋の上から見下ろすような形で滝を見ることができます。
実際の景色はこちら✨

噂通りの美しいブルー😍
ここまで顕著に青いとは、たまげました!!

滝とは逆の下流側、市街地方面に向けても、その青さを残しながら流れていきます。

三脚立てて、長時間露光で流してみました📸
より神秘的な雰囲気に✨

こちらの滝は、美瑛観光の定番中の定番!
迷ったらここに行けば間違いないと思いますし、天気が悪くてもまた違った雰囲気の魅力を演出してくれるはずです✌️

2.白金青い池

お次も定番!
先程の『白ひげの滝』の下流、車で約5分のところに位置する『白金青い池(しろがねあおいいけ)☝️

美瑛を訪れる多くの方は、この2つのスポットを合わせて周ることでしょう!

こちらのスポットは、その名の通り、青い水が張る池ですが、自然にできたものではありません。
かつて、十勝岳噴火への防災対策として、美瑛川で堰堤(小規模なダムのような堤防)を作る工事が行われ、そこに偶然川の水が溜まりできた池だそうです。
また、そこに自生していたカラマツが立ったまま枯れ、青い水面と相まって幻想的な光景を生み出しています✨

実際の景色がこちら!

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、この景色が2012年にあのApple社の壁紙に採用され、世界的にも有名になりました。

今では、美瑛を代表する観光地となっており、多くの見物客が押し寄せます。
実は、3年前にもこの地を訪れたことがあるのですが、その時にはなかった広くて綺麗な駐車場やお土産屋さんが整備されており、その人気さが伺えます。
駐車場も有料になってました…😭

とはいえ、その神秘的な光景は一見の価値あり✨
このスポットについても、美しさが天気に左右されることなく、それぞれの魅力があります!

風が強い場合は、こんな風に水面が揺れてしまうのがちょっと残念🙄
まあ、それでも綺麗だけど!

こちらのスポットについては、前述の通り、『白ひげの滝』と合わせて行くことをおすすめします。
私は、3年前に訪れた時、『青い池』だけ訪れて、滝は見逃してしまうという凡ミスを犯しました😨笑
わずか5分の近距離、お見逃しなく!!

3.三愛の丘展望公園

続いては、『三愛の丘展望公園(さんあいのおかてんぼうこうえん)』☝️

その名の通り、丘の上に整備された公園で、あたり一面「美瑛」らしい景色を一望することができます✨
ちょっとした休憩にも適している場所です。
ただし、駐車場の台数が少ないので、休日などは混雑する可能性もあります⚠︎

この公園からの展望がこちら!!

この通り、美瑛らしい波打つ丘陵の地形を見渡すことができます

あたりに広がるのは広大な農地。
遠くには、大地を耕すトラクターが走る姿も😍
これまた北海道を感じます!!

4.新栄の丘展望公園

続いては、『新栄の丘展望公園(しんえいのおかてんぼうこうえん)☝️

『三愛の丘展望公園』と同様、美瑛の地形を一望できる公園!
夕焼けが美しいスポットとして有名なようです✨

こちらの公園の方が駐車場は大きく、ソフトクリームなどを販売している売店もあり、観光地としての色合いが強いです。

牧草ロールでできたモニュメント?もありました😳笑

女の子ver👧

夕日狙いでなければ、おすすめは公園の東側(道路側)!

広大すぎて、その広大さがよく分からない笑
またまたトラクターが土煙をあげて走っており、絵のように綺麗な風景でした✨

本来であれば、この雲の奥に「十勝岳連峰」が見えるはずなので、快晴の場合は迫力倍増の予感🤔

少し方向をずらすと、後述する『赤い屋根の家』も見ることができ、なんだかメルヘン感が出て可愛い😍

5.クリスマスツリーの木

え?北海道でクリスマス気分を味わいたい!?

そんな方におすすめ!
通年クリスマス気分を味わえる、その名も『クリスマスツリーの木』!!笑

その名の通り、農地に一本だけ立っているクリスマスツリーのような木🌲

波打つ地形と一本の木。
凄まじく絵になる風景です✨

曇天でも絵になること間違いなし!!

周囲に駐車場はないので、徒歩もしくは路肩駐車するしかありません。
路肩に駐車する場合は、周囲の状況を確認しながら、なるべく短時間の滞在を心がけましょう!
なお、農地は私有地なので、立入禁止🚧

6.赤い屋根のある丘

続いては、『赤い屋根のある丘(あかいやねのあるおか)

先程ご紹介した『新栄の丘展望公園』から見えた「赤い屋根の家」が建つ丘☝️
公園から見るよりも間近で見学することが可能です!

のどかな北海道をそのまま再現したかのような風景がそこにあります✨

のどかなだけに、その風景はいたってシンプル。
期待し過ぎて訪れると、少々肩透かしを食らうので、ほどほどの期待で行ってみよう🏃‍♂️笑

こちらのスポットもはっきりとした駐車場はありません。
車で訪れる場合には、道路脇にある駐車帯に停めることができます。
この場所はあくまで私有地ですので、中への立ち入りは不可🙅‍♂️
遠くから眺めて楽しみましょう!

7.ジェットコースターの道 (※こちらは上富良野でした)

北海道スケールのスリルを味わいたいそこのあなた!
『ジェットコースターの道』に行ってみてはいかがですか!?

ちなみに、見出しにある通り、この場所は「美瑛町」ではなく「上富良野町」が所在です。
が、他のスポットからもすごく近いので、今回は一緒にご紹介させていただきます。

今回の記事、「その名の通り」言いまくってますね笑
そうなんだからしょうがない😤

その名の通り(笑)、急降下急上昇のまるでジェットコースターのような一本道✨
かなりの高低差があります!

その脇に広がる広大な農地が相まって、絶景を作り出しています。

反対側からの景色はこちら!!
個人的には、こっちからの景色の方が好き😍

こちらのスポットもはっきりとした駐車場はありません。
車で訪れる場合には、道路脇にある駐車帯に停めるか、路駐することになります。
路肩に駐車する場合は、周囲の状況を確認しながら、なるべく短時間の滞在を心がけましょう!
もちろん、両側に広がる農地は私有地なので立入禁止🚧

8.四季彩の丘

美瑛の大地にお花畑!?
広大な丘に色鮮やかな花々が咲き誇る観光農園『四季彩の丘(しきさいのおか)☝️
こちらのスポットで望む光景は圧巻です!!
(※今回の旅では訪れていませんが、おすすめの場所なので過去の写真を引っ張ってきました!)

こちらの施設の目玉はなんといってもお花畑✨
様々な色の花が何列も並び、美瑛の丘を縞模様で彩っています😍

観光農園というだけあって、売店やレストラン、他にもアルパカ牧場やバギーなどに乗れるアクティビティも豊富です☝️

一度はこの圧巻の景色を見てほしい!!
とてつもないスケール、そして個性ある地形を活かした光景は、まずここでしか味わえないでしょう😍

9.ケンとメリーの木

道路脇にそびえ立つポプラ『ケンとメリーの木』🌲
(※こちらの場所も、今回の旅では訪れていないので、過去の写真!)

こちらのスポットは、1970年台に日産スカイラインのCMで登場した場所!
そのCMの登場人物「ケン」と「メリー」に因んで名前が付けられたそうです。
またまた、「その名の通り」笑

話変わるけど、この時のスカイライン無茶苦茶かっこいいな🤔

そして、そのポプラの木がこちら!!

ポプラというと並木のイメージが強いですが、一本でもこの存在感✨
この広大な景色に一本だけというのが、また素敵ですね〜。

一点注意点は、人を写さずに写真を撮るのが難しいこと。
以前、私が訪れたのはお盆の時期で、この周辺はかなりの人だかりができていました。
かろうじて、この写真が撮れましたが…。

10.セブンスターの木

タバコの名前が付く一本の木!?
それが『セブンスターの木』です☝️
(※こちらの場所も、今回の旅では訪れていないので、過去の写真!)

こちらも1970年代、「セブンスター」というタバコのパッケージに使われたことから、この名が付けられたそうです。

実際の木の写真がこちら!!

周りに何もなさすぎて、大きさがわかりにくいと思いますが、横の人と見比べるとかなり大きいことが分かります🙄
(この時は、人が写らない写真を撮ることを諦めました笑)

正直なところ、必ず行って欲しい!というほどおすすめでもないかなぁ。

が、しかし!
そのすぐ横にある白樺並木が本当のおすすめなんです!!

小麦色の大地に並ぶ白樺と青空がなんとも美しい✨
こっちにも名前付けてあげて〜、て思います🤔笑

『セブンスターの木』に訪れる際は、こちらの並木の写真もお忘れなく!!

・とある道から見た景色

下の写真は、名もない場所で撮影したもの📸
ふと見た先にある景色がこんなにも魅力的なのは、まさに美瑛という町そのものが美しいことを物語っています✨

皆さんも、名も無い絶景を探してみてください!!

◯ まとめマップ

最後に、今回ご紹介した10スポットを一つのマップにまとめました!
各スポットとの位置関係が分かりやすいと思いますので、チェックしてみてください🔍
(※地図に表示している番号は、各スポットの見出し冒頭に付けた番号と一致しています。)

◯ おわりに

以上、美瑛の絶景スポットまとめでした✌️

絶景が溢れる『美瑛町』、行ったことがない方はぜひ!
そして行ったことがある方も、もう一度訪れて新たな発見をしてみてはいかがでしょうか!?
私は、次行くとしたら冬に行きたい🥺

さて、今回で北海道編第5弾まで来ました!
なんとなくキリがいいので、次回は一旦切り替えまして、日本一周中断中のDIYの様子を記事にしたいと思います。
分量次第ですが、1回か2回に渡ってご紹介する予定です👍
ちなみに北海道編は、あと25回くらいあるので、引き続き暖かく見守っていただけると嬉しいです😂笑

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 北海道