日本一周 群馬県

【日本一周No.2】スケールが半端ない、美しすぎる絶壁 <群馬県②>

2021年6月13日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

前回に引き続き、群馬県2日目の様子を記事にしていきます✏️
この日は晴れで風景もよりいっそう綺麗に感じられました✨

それでは早速いってみましょう!!

◯ 深さと不気味さがすごい『日本一のモグラ駅』

この日の朝一番に訪れた場所は、『JR土合駅(どあいえき)🚃

ここはJR上越線が走る駅で、下り線の駅舎(ホーム)が 駅の入り口部分から標高約70mも下の地下空間にあり、『日本一のモグラ駅』と呼ばれているそうです。
なんとその駅舎への道は、462段にも及ぶ階段を降りていく必要があります。
そんな場所に写真を撮りに行ってきました!

地上部分は特徴的な形をしていますが、この外観からはとても地下に向かって長い階段があるとは想像もできません。
ちなみに上り線は、地上部分に線路がありました。

中に入ってみると機械の改札などは特に見当たらず、ドア一枚隔てて中に入ることができます。
特に表示や看板はないので、一見入って良いのか分かりませんでしたが、 ネットで調べてみると駅舎までは料金がかかることなく行けるとのこと。

いざ下り線駅舎に向けて歩み始めると、すぐに地下へと続く階段があるわけではなく、少々不気味な経路を進むことになります。写真の雰囲気はすごい好きなんだけど、実際は怖い。

体感100mぐらいこのような道を進んでいくと、いよいよ噂の階段が見えてきました。
一番下がどのあたりか全く分からん。

先客の方が下から上がってきます。人がいるだけで安心感があります笑

あまりにも長いので下に降りることを躊躇っていると、下から上がってきたご夫婦が「下の方がいいよ」と写真を見せてくれました。
それに後押しされ、この長い階段を降る決意をします。

実際、降りる分にはそんなに疲れませんでした。
まるで異次元の空間にいるような感覚で、先に駅舎があるということを忘れていましたが、階段を降り切るとそこには立派なホームがありました。

そして、階段を下からみた景色がこちら!
確かに下から見た方がより迫力があります✨

降りた頃には、この異次元空間に彼女と二人きり。
心細くなり早足で帰ろうとしますが、何せ階段が長い…。
怖さも忘れてただ苦しい笑
やっとの思いで登り切った時には汗だくでした。

一人で行くには結構怖い場所ですが、普段中々見ることがないような空間なので、面白いと思います!

◯ 美しすぎる絶壁『一ノ倉沢』

土合駅を後にし、次に向かったのは前日も訪れた谷川岳ロープウェイの麓の駅。
とは言っても、この日の目的は別の場所。その目的地に向かうために一番近い駐車場も前日と同じ駐車場になります。

今回の目的地は、日本三大岩壁のひとつ『一ノ倉沢(いちのくらさわ)です✨

凄まじいくらい切り立った崖で山登りのプロが行くようなところと思いきや、崖下近くまではアスファルトで舗装された歩きやすいルートがあります。
90分程度は歩くことになりますが、高低差も少ないので、気軽に行けます。
道中も綺麗な景色が続き、ついつい写真を撮り過ぎちゃう。

まだ6月上旬だというのに、ひぐらしのような鳴き方をするセミがたくさんおり、すでに夏の終わりのような哀愁漂う良い雰囲気でした。
多分エゾハルゼミというセミだと思います。

ちょうど目的地までの道のりを半分くらい歩いた頃でしょうか。
そこにも綺麗な風景が待っています。それが『マチガ沢』です。
本当に綺麗な川が流れており、その上流には荒々しくも綺麗な山々が見えます。

6月上旬でも残雪があり、それがまた美しさを際立てているように思います✨
そこから流れる透明で冷た〜い雪解け水は、なんのクセもなくただただ美味しかった!

綺麗な景色に癒され、再び歩き始めます🚶‍♂️
その道中にはこんな看板が。

マチガ沢から1時間もかかることなく、いよいよ目的の絶壁『一ノ倉沢』が見えてきました。
なんだこれ、とんでもないスケール感…。

もう絵みたいな綺麗さです✨

後ろを振り返ってもまた絶景。
四方八方綺麗な山々に囲まれています。

ここでは登山道まで残雪が残っており、いつぶりかの雪にテンションが上がります。
見た目結構汚いけど笑
また、ものすごく冷たく気持ちのいい風が歩いてきた疲れを吹っ飛ばします。

この一ノ倉沢の崖の各所にはそれぞれ名称があるよう↓
こんな絶壁を登る人がいるなんて想像もできない…。

あまりにも綺麗なので、同じ場所で何枚も写真を撮ってしまいます📷
後で一番のお気に入り写真を探すのが大変笑

二日目にしてこの絶景。幸先いいな。
最後に名残惜しくパシャリ📸

◯ 初めてのひとり車中泊

この日は日曜日なので、翌日仕事の彼女はここで帰宅です。
高崎駅まで送り、お風呂を済まし、再び車中泊。
この日が初めてひとりでの車中泊です。

車中泊場所として選んだのは幹線道路沿いの『道の駅玉村宿』
明るいし、それなりに人いるし、安心して過ごせそう。

寝る準備も整えて、コナンでも見ようと思っていると「ブンブンブンブン」バイクの音が近づいて駐車場に集まって来てる。
翌日会う約束をしていた群馬の友達に聞くと、そこは夜中に暴走族やらなんやらが集まることがあるそう。
初っ端から絡まれたりするのは嫌なので、できるだけ車が集まりにくそうな狭くて駐車台数が多いところに車を移動しました。
施設の快適性などばかりに着目していましたが、こんな注意点もあるのかと学習。

気持ち的にもあまり落ち着かない夜でしたが、その後は何事もなく無事3日目の朝を迎えることができました笑

◯ おわりに

2日目はすごく濃い〜充実した1日を過ごせました。
とにかく、みなかみには自然豊かで綺麗な景色がたくさんあります✨
冬は関東からもアクセスしやすくスキー場を利用する方も多いと思いますが、それ以外のシーズンにも多くの見所があるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか!

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 群馬県