日本一周 北海道

【日本一周No.50】清里町の定番スポット巡り、『さくらの滝』と『神の子池』 <北海道⑫>

2021年11月12日

どうもこんにちは!
クレヨンぶろぐです🚐💨

今回は、北海道清里町(きよさとちょう)にある定番スポット2箇所をご紹介します✏️

清里町といえば、日本百名山のひとつ斜里岳の麓にあり、日本有数の清流である斜里川や前回ご紹介した摩周湖など、豊富な水資源に恵まれているまち✨
今回ご紹介する2箇所についても、その美しい水が大きく関係してきます!

ちなみに、この2箇所に訪れたのは、前回ご紹介した網走〜弟子屈ドライブと同じ日☝️
網走・弟子屈・知床など、他の観光池から比較的近い距離にあるので、合わせて周りやすい場所です!

それではいってみましょう!!

◯ 命を繋ぐ遡上に立ち会う『さくらの滝』

はじめにご紹介するのは、サクラマスの遡上を観察する事ができる『さくらの滝』です!!

女満別空港からは車で約1時間🚐
舗装はされていませんが、広い駐車場が滝のすぐ近くに設けられています。

こちらの滝では、例年6月から8月にかけて、サクラマスの遡上を観察する事ができます。

滝と言えども高さは3mほど。
(2.5m説と3.7m説があり、正確な数字はどっちか分かりません。)
とはいえ、それは人間基準。
そこをサクラマスが乗り越えるとはとても信じ難いですよね!
世界的に見てもこの高さを遡上する場所は珍しいそう🤔

ところで、何が成長したらサクラマスになるのかご存知でしょうか!?
私も今回調べて初めて知ったのですが、川魚のヤマメが海に下り成長したものなんだそうです😳
魚って、別物だと思ってたものが、実は段階の違いだったてことよくありますよね。
びっくり!

前置きはこのくらいにして、早速現地で見た光景をお届けします💨
魚の遡上、いつか見たいと思ってたんですよねー😍ワクワク!!

駐車場到着後、観察スポットまでは、徒歩1分もかかりません!
が、そこは森の中。
クマさんには気をつけましょう🐻

観察スポットは、滝のすぐ横にありますが、広いスペースではありません
ただし、人の回転はラーメン屋よりも早いので、すぐに柵の目の前まで行けると思います👍

いよいよ!!
サクラマスの命懸けの大ジャンプがこちら

見ての通り、かなりの数のサクラマスが、高頻度でジャンプしていきます😍

途中から望遠に切り替えて、この神秘的な光景を狙います📸
どこに飛ぶか分からないので、決めた構図に入ってくるのをただただ待つ!!
(翌日腕が筋肉痛になりました😱笑)

飛び立つ瞬間👇

滝まで届かなかった瞬間👇
運悪く、岩に叩きつけられてしまう個体もいました😔

自分の体の何倍もの高さになる激流に果敢に向かっていく姿。
命懸けで、命を繋ぐ。

その姿を見せてくれてありがとう。

これは一見の価値あり。
シーズン中に道東を訪れる方は、目的地の一つとして検討してみてください😊
サクラマスたちの力強さを、ぜひその目で見てほしい!!

◯ 神様からの贈り物『神の子池』

続いてご紹介するのは、道東を代表する観光地としても名高い『神の子池(かみのこいけ)です☝️
名前を聞いたり、写真を見た事があるという方も多いのではないでしょうか!?

前述の『さくらの滝』からは車で約20分のところに位置しているので、2箇所合わせて訪れることをおすすめします🚐💨

現地に近づくと、途中から舗装されていない林道を通ることになります。
人気の観光地ということで、特に休日などは、交通量が増える事も予想されるので、運転にはご注意を!!

まずは、この池の概要を!
といきたいところですが、先に実際の池の写真を見ていただいてからにしましょう👇

噂通り、すごい透明感と青さです✨
透明過ぎて池の底まで見通す事ができます😳

みなさん、この写真を見て水深がどれくらいあると思いますか!?

なんと、その深さは5m!!
まさかですよね😅
一見、膝下ぐらいの水深なのかな〜、と思ってしまいますが、それはどうやら錯覚のようです…。
美しさに惑わされてはいけませんよ🤔笑

安全・環境保全のためにも、柵を乗り越えて池に入ったりするのはダメ、絶対🙅‍♂️

また、周囲の大きさは220mと、実物を見てもそこまで大きいとは思わないこの池ですが、1日に湧き出る伏流水は12,000トンにも及ぶそうです。
※:地下水の一つで、河川や湖沼の底または側部の砂れき層中を流れる水。

日本一透明度の高い摩周湖の水が、地中でろ過され、さらに綺麗な水になって湧き出てくる。
しかもそれが12,000トン…。
すごいとしか言いようがありません👏

ところで、この池がなぜ『神の子池』と呼ばれているのかご存知でしょうか。

それは、この池が摩周湖の伏流水によって生まれたという言い伝えに由来します。
アイヌ語で「カムイトー(神の湖)」と呼ばれている『摩周湖』、その「神の湖」の伏流水によってできたこの池は「神様からの贈り物」、という事で『神の子池』となったそうです🤔

概要をお伝えしたところで改めて👇

最後に正直な印象を言います。

この池を実際に見て、大きな感動があったかと言われれば正直そこまででもなかったです🤔
おそらく、曇っていて陽が陰っていたのも大きく影響していると思います。

訪れて損は全くありませんが、どうせ行くのであれば晴れかつ日中の明るい時が望ましいです。
また、水面の反射が強かったので、一眼レフなどで撮影する場合は、PLフィルター(光の反射をコントロールできるフィルター)があった方が、より綺麗な写真を撮れると思います👍
(ちなみに私は、車に忘れてめんどくさくなったので、フィルター無しで撮りました笑)

と、最後にイマイチ感を出してしまいましたが、美しいことに変わりありません🙆‍♂️
逆に考えると、結構悪い条件下でこれだけの光景が見れるということ!!

てなわけで!
このハズレなしの絶景スポット、皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか!?

あ、当然熊が出没するエリアなのでご注意を😁

◯ おわりに

以上、北海道清里町にある定番絶景スポット巡りでした💨

ご紹介した2スポットの美しさは当然ながら、他の観光地とも組み合わせやすい好立地✨
本当に道東は見どころが多くて大変です笑
また行きたいなぁ〜🥺

そして次回、いよいよ知床編✨
私が北海道で一番行きたかった場所😳
お楽しみに✌️

それでは本日はこの辺で!!

応援の1クリックお願いします!!

当ブログは、日本一周ブログランキングに参加しています。のボタンを押していただくとポイントが加算され、ランキングが上がる仕組みになっています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

-日本一周, 北海道